テーピングの巻き方 サイト説明

当サイト「テーピングの巻き方講座」では、テーピングの巻き方を解説します。

テーピングは正しいやり方をしないと、逆効果になることがあります。

テーピングの巻き方には、1.体の部位、2.怪我、3.スポーツ毎に様々な方法が存在します。

1.体の部位
手の指、手首、足首、肩、膝、腰、ふくらはぎ、ふともも、上腕、下腕などの体の部位によって、テーピングの巻き方は大きく異なります。

2.怪我
突き指、外反母趾、肉離れ、ぎっくり腰、打撲、捻挫、骨折、O脚など。

3.スポーツ
サッカー、野球、バレーボール、卓球、柔道、剣道、空手、水泳など。


また、テーピングは怪我をした時だけでなく、怪我の予防にも用いられます。
どちらかというと、再発防止のためにテーピングをする人が多いです。

一度怪我をした部分は、再び怪我をしやすいのです。
ですから、それをあらかじめテーピングで固定してしまうのです。


また、テーピングには通常のテーピング以外にも、キネシオテーピングなどさまざまな種類が存在します。

このようなテーピング別の用途も解説していきたいと思います。

それでは、これから「テーピングの巻き方講座」をよろしくお願いします。

カテゴリ

ウェブページ

タグクラウド

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。